バンビちゃんのヒップ

博士の専門は、朝海ひかるとオスカル、そして瀬奈じゅんとエリザベート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴族的思考。



昨日、新居がやーーーーーっとこ決まりました。


パチパチパチパチ。


巡った物件の数、20件以上。


引越しを前にして肉体、精神的疲労の限界に達しております。。


この2週間あまり、とても心拍数の高い生活を送って参りました。



ウーーム。
ぜったい寿命が縮まったゼ。。


家が決まって一気に安堵したせいか、
今日は一日シンゾウが痛い。。


・・・死ぬかもしれん。


まあいいや。←イグナイ。


そんなこんなで、
身体が悲鳴を上げてる今日この頃。。



研究者として一旗上げたくてココにきたわけではなく、


ちょ~にしでぇ~~  

へっぽこ雪みやんがぁ~~

ユルユルのぉ~~ おっちゃんにぃ~~~

 出会ったぁ~~~ by シモジョーアトム。



みたいなウルルン的な気分でやってきたはずなんですけど、
まさかこんなにコチラの生活が、
『デンパ少年』的要素が高いことになろうとは夢にも思わず。。



エゲレスのお隣のバブルに沸いてるユーロの国。



しかし、日本の感覚で同じクオリチーを求めてはだめでした。


もちろん、超高額のお金を出せば、日本では考えられないほどの
夢のようなヨーロピアンラグジュアリーな生活が手に入りますけどネ。。


家賃1000ユーロ前後でアパートを探すとなると・・・



物件を選ぶ基準は、
良いか悪いかではなくて、住めるか住めないかだよね。


                   by 超西の唯一の日本人の友。



きっと雪みやんが、
インドの山奥から出てきた狩人だったら、
ハイジみたいにアルプスでおじいさんと暮らしていたのなら、

この街のどの物件を見ても、
それはそれは素晴らしい家であったでしょう。。


でも雪みやんは、

『お客様は神様です。サービス天国、おもてなし大国』の日本から来ました。


(´;ω;`)




物件を巡りに巡っている間に、
ニホンジンの感覚として当たり前のことが、こちらサンにとってはトンチンカンなほどに
とてもとても贅沢なことであることに気がつきました。


貴族のオスカルさまがロザリーのおうちで、

スープの前にカフェオレかショコラはないのか?

とのたまってた感覚に似てるかもしれません。



カルチャーショックというかなんというか。。


ニホンジンは贅沢です。


貴族サマです。




だから、何事に対してもこちらさんのクオリチーに対して
文句が言わさっちゃうんでしょうねぇ。。




ハァ。。('A`)ヤダヤダ。




こちらでふつうに働いている若者からみたら、
1ベットルームで平均1400ユーロもの家賃を一人で支払うとなると、
オシャレしたり、おいしいモノを食べるどころの騒ぎではありません。

普通に毎日を楽しく暮らすのはまずムリ。


家賃月1000ユーロ以下になると、バスルーム共同、洗濯機共同などなど、
生活必需のなにかが共同になってきます。


そんなことで、こちらは学生、独身者はルームシェアが基本です。

ちなみにルームシェアの相場は月400~800ユーロくらい。


正直、

一部屋間借りだって?? 冗談じゃないヨ、この年齢になって。
そんなんでしか暮らせないのなら、日本に帰るよっ!アタシャ!

みたいな気分でおりました。



家賃高すぎ!


この国おかしい。


・・・。



家賃が高くて大変だと言うなら、一部屋間借りすればいいことじゃない?
高い家賃で一人でボロ屋に住むよりも、よっぽどいい暮らしができるヨ。

               by アンドレ and モハ君。(二人は同居 with 金髪ドイチェガール。)



そのとおり。


・・なんだけど。


大学の研究室の同僚と男女カンケーなく同じアパートに肩寄せあって一緒に暮らす。

職場も一緒。家も一緒。


部屋割り↓

アンドレ・・・メインベッドルーム。
金髪ガール・・・セカンドベッドルーム。
モハ君・・・お茶の間。


ニホンジンの感覚では、どーしても考えられない。。


想像してみてください。


職場の山田サンと佐藤君と一緒に暮らしてるの。
だって、家賃が高いんだもん。。




どんなに折れようと必死にガンバッテみても、


やっぱり・・


アリエナス。。なのです。。


ありゃりゃ。
話がカナーリそれましたが、


たいして仕事もしてないのに、月1600ユーロの家賃を払っても
餓死せずに生きてゆけるだけのお給料をいただいているコト。

雪みやんの周りの院生サンは一人で暮らすなんてコトを考えることすらできないコト。


そんなことをすっかり忘れてあーだこーだと家のことで、
みんなに不満をのたまってた自分。


ハズカシス。(/ω\)


・・・反省。



雪みやんは贅沢モノ、幸せモノです。




コメント

お引越し、おめでとうございます!!
喜ぶだけでなく、色々なことを考えられたのですね。
客観的に、冷静に・・。

アンドレ君や、ドイチェガールやモハ君や、運転手ジョンおじさんや、
大家ジョンも、きっと色々感じていると思います。
“ユッキっていい感じの人だな・・”と。

遠く日本から雪みやんさんへ、聖バレンタインのチョコを贈りたい気持ちです。

  • 2008/02/14(木) 01:06:43 |
  • URL |
  • ジェイユ #Sts9A5QI
  • [ 編集 ]

おめでとうございます 頑張ったね ゆきみやん博士
新しいお住まいからのリポート楽しみにしてますよ~

  • 2008/02/14(木) 08:08:17 |
  • URL |
  • たんぽぽ #/ZgleBxo
  • [ 編集 ]

雪みやんさん、お引越し決まって良かったですね。
しかし、本当に場所が変われば習慣も違うし、住む形態も違うものですね。
外国に生活するために「住む」となると、そんな色々なことが関わってくるんだなと実感しました。
片付けやら実際の引っ越しやらまだまだ大変だと思いますが、がんばってくださいね。
そして、そんなこんなのレポなども、楽しみにしています。

  • 2008/02/14(木) 14:25:56 |
  • URL |
  • りとるべあ #-
  • [ 編集 ]

ジュイユさま

いやはや。。メッソーもございませんデス。ノ(´д`*)
贅沢モンのニホンジンが戯けたコトを言ってるゾと皆に思われてるコトに
最近気づいたまでであります。(笑)


たんぽぽサマ

ありがとうございます~。
なぜかもう、家のネット回線が遮断されてしまいました。
まだ引越ししてないっちゅーの!ヽ(`Д´)ノ
サービスを切るのだけは早い国であります。


りとるべあサマ

そうですね~。
これほどまでにマッタク違うとは思ってもいませんでした。
というか、
他の国々からきている仲間は、すんなり超西クオリチーに順応しているので、
日本のほうが特異なのかなぁって最近思いマス。
ニホンジンという生き物を飼うには高級熱帯魚なみの設備が必要ですわ(笑)。


  • 2008/02/21(木) 13:13:36 |
  • URL |
  • こきたない雪みやん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukiyukimiyamiya.blog81.fc2.com/tb.php/568-570bcfff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。