バンビちゃんのヒップ

博士の専門は、朝海ひかるとオスカル、そして瀬奈じゅんとエリザベート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肖像画の位置。

SISI.jpg


ホーフブルグ(王宮)で『SISI』という英語の本を買いました。
きちんと読んでから・・と思ったけど、本を開くと一瞬で寝てしまって、
さっぱり読めてないので先にご紹介します。

王宮を見学したとき、雪みやんにとって一番衝撃度の大きかった場所が
そのまま本の表紙になっていたので迷わず購入しました。


たぶん1900年ごろに撮影されたフランツヨーゼフの王宮執務室の机の写真です。
ちなみにシシィがルキーニに暗殺されたのは、1898年。


シシィの肖像画の位置。

今もそのままの形でホーフブルグに展示されています。



・・・どんだけ好きやねん。。 (←なぜか関西弁)



。゚(゚ノω`゚)゚。 ウウ。泣ケル。。



シェーンブルンもホーフブルグも、フランツの部屋にはシシィの肖像画や写真だらけなのですが、
やはり、この写真の風景は象徴的。



暗殺された妻の大きな肖像画を執務室の机のまん前に飾っちゃう、
残された年老いた夫。。



。゚(゚ノω`゚)゚。 ウウ。泣ケル。。ナニコレ。。



フランツの『シシィ大大大好き』は、奥さんとしてを通り越して、『ネ申』。


皇帝陛下のシシィの写真や絵の飾り方が、
いっときのうちのオカンのヨン様の写真の飾り方に似てる。
いっときの雪みやんの朝海ひかるまみれの部屋に似てる。。

たとえが貧相で申し訳ナイ。。


sinreizouko.jpg

↑参考画像。(懐かしス。。)


フランツなら、ブロマイドをムダに大人買いしてしまうファン心理を
ぜったいわかってくれる気がしました。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukiyukimiyamiya.blog81.fc2.com/tb.php/616-7efb2887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。