バンビちゃんのヒップ

博士の専門は、朝海ひかるとオスカル、そして瀬奈じゅんとエリザベート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマパリ症候群


ロマンス ど パリ


ではありません。



ロマ と パリ


の症候群になりました。



Syndrôme de Paris





地味に朝海ひかる生活は続けておる雪みやん。
朝海さんが体現する世界を自分でもちょっとでも味うことの喜び組。

話はズレますが、この前オカンが、

北朝鮮で でこぽん 飛ばすんだとさ


って言ってました。

だったら世界は平和ですね。



そんなこんなで

日本人の友達と人生初のパリに行って参りました。


そう、ワタクシにとって永遠の憧れ、巴里!!


ボーンソワール マ ダーム!


タカラヅカ歌劇団が『祭り』までして崇める聖地、PARIS。



カネガーーーナアーール カネガーーーナアーーール マロニーーーエノーーナミキーーーーミチーーー♪




盛り上がって盛り上がって、シャルルドゴール到着。


そして



パリのオペラ座に到着してたった10分もしないうちに、
ジプシー軍団の餌食になる。



盛り下がり度1000%



ジプシー → ロマ → ガールズスリ ギャンググループ @メトロ





わわわわーーーと大騒ぎした女の子集団がワタクスのあとに地下鉄に乗ってきた。


えっなになになに、なにごとですか??


ラッシュアワーの地下鉄の中。



な、なんでこんなに混んでるの??


わわわわーーー


? ? ?


わわわわーーー


あれれれ、身動きできない!



(゚Д゚ )!



気づいたときは時すでに遅し。


自分の周りだけがラッシュアワーの地下鉄の中。


目の前で知らない子がワタスの財布を握っていたのが見えた。
雪みやんのでっ腹の前にタスキ掛けてたショルダーバッグから財布を神ワザで抜き取ってた。

だけど、ブイッっと取り返した雪みやん。


黒ひげ危機一髪!!


時々強くなる自分。 グッジョブ!



なぜそのようなことができたのか?


どういうわけか財布にでっかい鎖をつけてカバンに留めてた。


移住当初は防犯のつもりでつけていた鎖。
平和なドブリン生活で、いつしかぼけっとして自分が財布を落とさないようにと
そのままつけっぱなしにしていた鎖。



 己 が 敵。 @アイルランド



取り外すのがめんどくさかったからつけっぱなしだった鎖。

雪みやんのずぼらさが災難を回避した瞬間でした。


ずぼら万歳。


彼女たちは獲物(財布)を獲ったら地下鉄のドアが閉まり出発する瞬間に
地下鉄から飛び降りるのが手口であります。




でもでも


・・・・コワガッダーーー。。



(TAT)


アイルランドが平和すぎて一般の日本人観光客より平和ぼけしてたヨ。


マイッタマイッタ。
危ないトコでした。



飛行機代往復120ユーロ。(安い!)
2泊3日の週末旅行。

なーんにも荷物は持っていかなくてもいいはずだったのに、
アンドレにパリジェンヌのナオミちゃんの置き土産の粗大ゴミ荷物を持ってってくれと頼まれ、
腐った雑巾やら異臭のジャンパーやら、欠けた皿やらぼろぼろの゙ガイドブックやら
辞典やら・・・やらやら・・・・
アリエネー重さの大荷物を持たされてパリへ旅立ったワタス。


NOと言えない日本人。



・・・いや言った。言ったよ。


NOと言わせないアンドレ。(外人。)


押しに弱い日本人。



パリのメトロで粗大ゴミを抱えておたおたする雪みやん。(日本人)


= 特上の鴨ネギ。





海外へ行く際は皆様もお気をつけくださいまし。

パリ、ロンドン、イタリー、スペインなどには、子ヤギ(日本人)のお財布、かばんを狙う狩人がうようよおります。
彼らのような民族がいるのが当たり前の世界なのですよねぇ。
知らんかった。。海外でスリ、ヌスットが多いのはただ治安が悪いだけだと思ってた。
いやいや、狩人も犯罪なんですがね。。
ああ、なんて言ってようのやら。。
まっ、そういう民族がおるのです。

彼らの世界では昔から『狩り』が生きていくための仕事。手段なのですよ。


そう、ロマにはロマの暮らしがあるのだ。


カリイのおかげで、ロマ側の立場も考える雪みやん。


ちなみに、アイルランドには本格的に狩りをするロマはあまりいないようです。

あっでも、こないだ近所で絵にかいたようなジプシーの衣装
(アタマに派手な花柄のスカーフ、黒いマキシスカート)←素敵なんだよね。
のすっごい太った女親子グループを見かけました。
袋に入れた駄菓子ボリボリ食べながら物乞いしてましたねぇ。

それでは物乞うアピール度が悪いと思いました。



私たち(日本人)は子ヤギのユキちゃん。

ヨーロッパの都会のジャングルでスシ好きなライオンに食べられないように、
用心して生きていかなくてはなりません。

それが動物の社会なのです。

私たちは敵に狙われないようにトップスターなみの
『おらおら近づくな』オーラを身につけなければなりません。

あれ以来、ヨタヨタヨボヨボの雪みやんはパリリベンジのために、
がんばってます。

(なにを?)

おらおら歩く練習をしてます。


初めてのパリはあのあと、到着10フ分のあとの2泊3日、
自分の財布を守るだけで精一杯で、なにも記憶にありません。


パリに負けるもんか! (`;ω;´)モワッ




雪みやんが命がけで持ってきたアンドレからの粗大ゴミ荷物を受け取ったナオミちゃん(フランス人)。

自転車に粗大ゴミ大荷物を載っけてキコキコとバスチーユに向かってさっそうと消えてゆきました。


・・・か かっこよかった。。

ナオミチャンがオスカルに見えた瞬間でした。


以上。


ちなみにナオミちゃんはバスチーユで飲み会でした。


登場する固有名詞がベルバラ祭り。



今回の結論。


アンドレのばかたれ。


以上。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukiyukimiyamiya.blog81.fc2.com/tb.php/634-f3aa1eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。