バンビちゃんのヒップ

博士の専門は、朝海ひかるとオスカル、そして瀬奈じゅんとエリザベート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性総合職のオスカル


さすがに一週間も自宅療養していると元気になってくるもんですね。
最初っからゆっくり休養する時間があったらよかったのにね。。。



さて、



今日、まとめて今までの録画を見た後、
リアルタイムで「派遣のオスカル」第5回を見た。
(↑自宅療養の特権)






φ(TдT )



自分の身に置き換えすぎて号泣した。
派遣のオスカルさまがブロガーなのにずっこけた。
うっかりチュートリアルな若社長に惚れてしまいそうになった。。



そして、
軍神マルスの子ご降臨の朝海さんをテレビで見れる日が来ようとは
夢にも思わなかった。。




さやかさんもまた、信念のお方だ。



一生懸命頑張っても頑張っても、
あんなブイエ将軍みたいな社長や役員の「女のくせに」攻撃を受けたら、
そりゃ会社の「のれん」を守る気も失せるだろうね。


貴族でありながら、女性社員の地位向上のために命がけで
寵愛を受けてきた社長に反旗をひるがえすところは、
真のオスカル様であるような気がします。


ただ、このドラマは「派遣のオスカル」なんで
ちょいとさやかさん、悪役ちっくになっとりますが、
それぞれみんながそれぞれの信念を持った軍神マルスの子として
全身全霊で頑張ってるってことで誰が悪いってことは言えませんね。。

 

いやはや色々学ぶことが多いドラマです。。
うちのフランス女帝とさやかさんが重なってしまった。。
そしてワタスは、日本から派遣されたオスカルかい?
ウーーム、一方的に自分の価値感を押し付けてはだめだね。。

さやかさんは「ネ」のおじさんが、
MIZUKIという会社を愛してることに気がついてないのかな。。




どういうわけか、ま、いつも言ってますが、
朝海さんのお仕事と自分の状況はリンクするんですよねぇ。。
自分の一歩前を歩んでくれて、
道しるべを作ってくれてるような気がします。
(↑勝手なファン心理。)


ワタスが蜘蛛屋敷で足長蜘蛛の恐怖と戦っていたとき、
朝海さんは蜘蛛女だった。。
(↑何の道しるべだ)


カリイさんに出会ってなかったら、パリでジプシーに襲われたときに
広いココロを持てなかった。
彼女たちには彼女たちの生き方があるのだ。と。


全く仕事における自由を失って、頑張りたくても頑張れなくて。。
そんな自分と正面から向き合うのが嫌で旅に逃げた去年の秋。
そんなとき、エリザベートに夢中になった。
朝海さんのエリザに出会って、燃え尽きた。。




大事なのは、一歩踏み出すこと。




軍神マルスの子のさやかさん、おっしゃってました。


私の人生もまた毎日が行き詰まりのドンヅマリだったけど、
(今もそうだけど)
今、ウッカリ一歩踏み出したところなんだろうか。。。


この7月から貴族的待遇から所得税40%つまり給料40%引きの身になった。
だから具合悪いさなか安い家賃のアパートに引越しせざるを得なかった。
新居はカビの巣窟で、肺の病の状態を悪化させた。
そしてそのあと、なぜか東宝劇場至近のスゴイ研究室からスカウトされた。
(私の人生の七不思議が一つまた加算された。)
でもそんな有難いお話をバッサリ断った。


この時点で、


たったいまから私の女伯爵の称号と私に与えられた伯爵領の全てを捨てよう。


って感じかい?


そして捨て身で
ウイリアム議長に自由をくれと直談判した。
徹夜で企画書を作って提出した。


こんな暴挙に出たのも全て 「ブタフル」 のおかげです。
めっちゃめちゃ具合悪かったおかげで、
小心者のベールに覆われていた自分の本性があらわになってしまったようだ。。


このまま、さやかさんみたいに走る人生もいいけど。。。



この胸のオンナ心を誰が知る。



ああ、カラオケボックスで「愛の巡礼」を熱唱したい気分だ。。



私はゆっくり歩きたい。



若社長と出会えるのならば走ってもよいよ。 ← 誰かに言ってみる。





以上。



おお、神よ。


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukiyukimiyamiya.blog81.fc2.com/tb.php/640-80b93465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。