バンビちゃんのヒップ

博士の専門は、朝海ひかるとオスカル、そして瀬奈じゅんとエリザベート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな、捨て身。



「派遣のオスカル」は、正直なところ、
たとえ朝海さんが出てなくても自分にはすっっごく面白い。。と思う。

だけど、
朝海さんが出演してなきゃこのドラマの存在にも気がつかなかったし、
録画して見ようとも思わなかったから


朝海さんありがとー!! です。


ただ、あの壮絶なコムカル様時代のさやかさんを知るワタクスたちは、
よりいっそう味わい深く「派遣のオスカル」を楽しめてるような気がします。


オスカル声の田島さんに、元オスカルの朝海さん、元三銃士のなっちゃんといった
粋なキャスティングにタカラヅカのお衣装、池田先生のキラキラな劇画たち。

NHK、気合入ってますよね。。グッジョブ!!グッジョブ!!
どんなミンポードラマより面白い!!

もうこうなったら、 
「ヅカオタ一直線!!」 とかいう根性ドラマも作って欲しいです。

視聴率すっごい上がると思いますヨ。

誰かに言う。


おお、神よ。







さて、


自宅療養中であり身体の調子もよくなってきて暇なので
連日ヒョコヒョコと顔を出してる雪みやんです。


ほんと、皆様、御心配おかけしてしまってすみません。。


ワタクスのブタちゃんウイルスはとっくの大昔に違う活きのよいイケニエの身体求めて
旅立っていかれました。
今は、後遺症の治療中であります。
今もブタさんがワタクスの中にいらっしゃるとするならば、ワタクス、
人工呼吸器が必要か、あの世にいらっさると思われます。




みなさん、ほんっと、気をつけてくださいっっ!!!




よくなってきた記念にワタクスのブタ症状を書いときます。
(皆様の今後の参考にしていただければ幸いです。)

( ´人`)


秘密の カ ル テ。 (エロっぽいな。) 


患者; 雪みやん

年齢; 某トプスターと同じ。

基礎疾患; 花粉やカビで咳がでる。(アレルギーゼンソク気味?ってくらい)
        小さいとき2回肺炎になったことがある。貧血気味。

職場; メリケンで言えばCDCかも。。

経過;

7月下旬 上海帰りの学生チャンがアリエナスな咳をしてラボにやってきた。
       「youはへなちょこですぐカゼうつるから、近寄らないで!」
       彼女の精一杯の忠告だった。。。(涙)

7月末   朝、のどが痛い。熱なし。やっぱりカゼがうつったと思ってパブロンを飲む。

8月1日  超西3連休初日。
       地獄の3連休の幕開け
       (お休み・・・病院休診そして孤独との戦いを意味する。)

       のど痛(4日目くらい)、コホコホ程度のカラ咳。・・・パブロンが効いてない。
       連休のお楽しみ、一人で昼間にドブリンの劇場でやってる 
       リバーダンスを観にいった。(←ザ・バイオテロリスト)      


8月2日  夕方、いきなり悪化。
       激しい咳、ありえない量の痰(血痰含む)、全身の痛み、震え
       高熱(あわててしまって体温計を壊したので何℃か不明)、
       そして、息がうまく出来ない。。。(プチ呼吸困難)

       この時点でやっとこさ、
       わたくしはもしかして、かの「ブタフル」ではないのか?!と気づく。

         
        年末に日本へ帰ったときに、我が敬愛するセナおち上司から
        お守りと思って持っていきなさい!と手渡してくれた 
        奇跡のお守り「タミフル」
を神に祈るようにして服用。 

        3、4時間後、息をするのが楽になる。
        しかし、
        7、8時間後から、また肺のあたりが激しく炎症して息が苦しいのと
        激しい咳に襲われ、神に祈るようにまた「タミフル」を飲む。

        ↑つまり、薬が効くのも実感するけど、薬が切れるのも実感。。

        
        それから5日間、夜も不安でほとんど眠らずに薬の時間を守り
        飲み続ける。抗生物質も服用。


        ※その時期はのりぴーが命がけで逃げた期間に同じ。
         よって、雪みやんはのりぴーの動向にやたら詳しい。
         日本のワイドショーで死への不安を紛らわしたのでした。


タミフル服用3日目 (連休明け)
某超西パンデミック対策議長から豚認定(伯爵の称号に値)をいただく。
命の緊急連絡ホットラインGET。


タミフル服用5日目
窒息して死ぬかも・・という恐怖は消える。タン咳は続く。

自宅待機、療養約2週間。



ブタと気づかず、仕事に通ったのは少なくとも4日間。観劇1回。
次の日から急激に悪化。
自分は「ブタ」と気づいてから自宅待機2週間。(引越し延期。)
そして、引越し。
後遺症+新居のカビの相乗効果でゼンソク傾向。
マイコプラズマ感染疑惑。(2週間) 抗生剤服用。
↑その間にフランス革命。
回復して3日後に、未体験ゾーンのゼンソク発作。
ER初体験 (←この時点で初めて病院にかかる)
一週間自宅療養。(←今ココ)


合計2ヶ月。


あのとき、タミフルが手元になかったら・・・と考えると
本当にゾッとします。
セナオチ上司からいただいた「奇跡のお守り」に命を救われました。
帰国したときに、セナ氏への愛を熱く語る夕べ(飲み会)がなかったら、
このお守りはいただいてはおりませんでした。。

セナ氏も、ほんっとアリガドーネーーー!!!! ヽ(TдT )


発症後48時間以上経ってても、タミフル耐性ウイルスでないかぎり、
新型ウイルスにはタミフルは効くと思います。(私の体験から)




というわけで、
劇場が危ないってご理解していただけましたか?
はい、ワタクス、捨て身で劇場は気をつけましょう!と訴えてます。
今、気分はオスカルさまですから。(笑)


自分が、バイオテロリストでした。

ブラジルに行ったときもお守りタミフルを持参し、
常にブタ感染の心配をしていた超心配性のワタス。
メリケンのCDCみたいなところでウイルスの研究をしてても、
誰一人として当時、自分が『ブタ患者』であるという認識はありませんでした。
感染者は4、5人。オイラだけプチ重症。




このウイルスの一番恐ろしいところは、


自分が感染しているということを、ほとんどの人は気づかずに、
ウイルスをバラマキまくるところ



なんです。
クソッタレ用語の『発熱外来』、発熱はありますか?発熱、発熱・・・・・・・
のおかげで、熱なかったら、


ダレモキヅカネーーヨ!! ヽ( `皿´ )ノ ゴルァ!!!


失礼、取り乱してしまいました。。
ワタクスは貴族なのに。。。



だから、
感染防止だけじゃなく、


感染拡大防止としての「マスク」


大切です。
つねに、今の時期のカゼっぽい症状、ブタかも。。と疑ってください。
そのくらいのココロ構えでよいと思います。
基本、みんな、自分は大丈夫。とココロで思ってますから。(自分含む)


ちょっとでも体調不良のときは、マスクをしましょう。



特に会社、大学、そして劇場に行くとき。


だーーれも、
のどが痛いくらいじゃ愛するあの方を観にいくのを諦めませんよね?
たとえ40℃の熱が出ちゃっても愛しいあのお方に這ってでも
逢いにいきたいですよね?会社や学校は休んでも。。

残念ながら誰もその情熱は止められないと思われます。


どーーーーしても、そういう情熱的なお客サマに遭いたくなければ、
自分が劇場にいかなきゃよろしい。
でも、行くでしょ? そんなあなたも情熱的だから。(自分含む)


みーんな、軍神マルスの子。
それぞれみんながそれぞれ貫きたいものがある。。。


だから、気をつけてください。
特に、肺が弱い方。ゼンソク気味の方、免疫系の弱い方、お子様、妊婦さん。
妊婦さんは今時期の観劇は避けるべき。と思います。


ちなみにブタフルのひどいときの咳は、ごぼごぼごぼごぼ。
聞いているとこっちまで苦しくなりそうな、
むせかえるようなひどいタン咳です。
そんな咳をするようなヒトに見えない若い健康的な感じの人が咳き込んでます。


今のドブリンの状況は、(一週間前ですが)
必ずといっていいほど、2階建てバス(定員70名くらい)に1,2人は
マスクなしでごぼごぼと咳をしている若者が乗っかってます。
この国にマスク、ありませんから。。
明日はもっと増えてるはずです。。


先週、市街で公演中のミュージカル、シカゴを観にいったんですがね、
(↑体調不良でも行くヒト、ここに一人ハッケーーーン!)
    ↑感染済みのとても安全な人間と自負。


ごぼごぼしたひどい咳をしてるヒト、たっくさん劇場にきてましたよ。
観劇中もあっちこっちで、ごぼごぼ ごぼごぼ げほがほげほがほ 
・・・やかましかったです。
あきらかに日に日に増えてる気がします。
↑何回観にいったんだ?具合ワルイ具合ワルイと言いながら。。 

楽日、とうとう舞台の上のビリー弁護士役の役者さんも咳をしてました。
そんな劇場の中で楽しそうに観劇するお腹の大きい妊婦さんに小さな子供たち。。。
ちょっとした地獄絵図でした。


ちなみに咳をしていたビリー弁護士役の俳優さんは、
ロンドンウエストエンド再演ミーアンドマイガールのビル役の方だそうです。
ヨッ、ウイリアム役者。ランベス出身だそうです。ホーー!
『わかさいも』みたいな顔のおじさんでした。



以上。


by オスカルの魂を持つ元バイオテロリスト。



ついに、感染症の学会さんも政府に対抗したようです。
精一杯の大人としての政府への果たし状のようにみえます。。

ttp://www.kansensho.or.jp/news/090914soiv_teigen2.html#n02 

ヨッ!オスカル!!  (直リンしません。)















トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukiyukimiyamiya.blog81.fc2.com/tb.php/641-493d52e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。